大阪の警官を襲撃、拳銃を持って逃走していた飯森裕次郎容疑者を逮捕

大阪府吹田市の警官を襲撃し、拳銃を奪って男が逃走するという事件が発生した。
犯人の男は17日、箕面市内で身柄を拘束、逮捕された。

スポンサーリンク

大阪警官襲撃、事件の概要

16日午前5時40分ごろ、大阪府吹田市里山の霧が丘の千里山交番前で、男が勤務中の警察官を包丁で刺し、拳銃を奪って逃走した。

大阪府は警告を出すなどしていたが、17日身柄を拘束されて逮捕に至った。

事件発生、現場では何が起きた?


霧が丘の千里山交番前で、勤務中だった古瀬鈴之佑(こせすずのすけ)巡査(26)が、男に突然胸などを刺された。
殺害目的の行動と推測されており、男は警察官の所持していた実弾を奪い、その場から逃走した。

事件の経過

大阪の警官を襲撃、拳銃を持って逃走していた飯森裕次郎容疑者を逮捕

大阪の警官を襲撃、拳銃を持って逃走していた飯森裕次郎容疑者を逮捕

交番に設置されたカメラでは、事件前に不振な人物がうろつく映像が映っていた。
警察が犯人の映像を公開すると、吹田市内のホテルから「14日に似た客が宿泊していた」との情報が入った。
また、犯人の父という人物から「うちの息子かもしれない」と連絡が入った。

犯人の父親は、関西テレビの常務だと判明した。

犯人はどうなった?

この事件を起こした犯人、飯森裕次郎容疑者は17日、箕面市内で身柄を確保、逮捕された。

奪ったとみられる拳銃は所持していたが、実弾が1発なくなっていたとのことから、一度どこかで発砲した可能性が強いとみられる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事