【朗報】チケット転売厨さん、完全に終わる

コンサートへの入場や、イベントへの参加、グッズを手に入れられる権利などが可能となるチケット。
そんなチケットは数に限りがあり、中には入手がとても困難なものがある。
そんな入手が難しいチケットは購入した金額の何倍もの値段で売れることがあり、これを買占め転売する転売ヤーが問題視されていた。
しかし、ついにそれらを禁止とするチケット不正転売禁止法が6月14日に施行された。

スポンサーリンク

チケットの転売禁止

人気歌手のコンサートチケット、限定商品との交換チケット…チケットの用途は様々だ。
中にはとても手にはいりにくいものもある。
そんなチケットを買占め、相場よりも高額で転売しているのが転売ヤーだ。
大量に買い占めることで市場が暴騰し、結果チケットを手に入れられない人が続出。
参加したいのに高額で手が出ずに、即完売するほどの人気にもかかわらず空席が出来る…など『本当に欲しい人が手に入れられない』といった状態も起こるため、転売は批判の対象になりやすい。

そんな転売行為に対し、ついに政府も動いた。

チケット不正転売禁止法

2019年6月14日、昨年12月に制定されたチケット不正転売禁止法の施行がされた。
転売が禁止となるチケットは以下のとおりだ。

(1) 日本国内で行われ、不特定・多数の者が見たり聴いたりする「興行」に関するもの

(2) それを提示することによって興行を行う場所に入場することができるもの

(3) 不特定・多数の者に販売されているもの

(4) 興行主やその委託を受けた販売業者が、販売時に(i)同意のない有償譲渡を禁止し、(ii)入場資格者か購入者の氏名・連絡先を確認したうえで、(i)(ii)が券面などに表示されているもの

(5) 興行の日時・場所のほか、入場資格者か座席が指定されているもの

これらの転売の規制は、現物の規制だけではなくデジタルチケットも含まれるのだという。

とはいえ、完全に転売自体が禁止になるというわけではないようだ。
下記に当てはまる場合、違法行為となる。

「不正転売」

 業として、興行主やその委託を受けた販売業者の事前の同意を得ないで、販売価格を超える金額で有償譲渡すること

「不正仕入」

 不正転売の目的で、譲り受けること

・最初から転売目的でチケットを入手すること

・許可を得ずに販売価格以上の価格で転売・譲渡すること

上記の2点が違法となるようだ。
こちらの違反による刑罰は、

違反者に対する刑罰は、1年以下の懲役か100万円以下の罰金であり、両者を併せて科されることもあり得る。

上記のように制定されている。
これにより、チケット転売で生計を立てている人も規制対象となり、今後はチケット転売で収益を得る行為は難しくなった。

気をつけなくてはならないのが、『販売価格を1円でも上回った価格での転売』も違法行為となる。
他者へチケットを譲渡する際はくれぐれも注意が必要だ。

https://news.yahoo.co.jp/byline/maedatsunehiko/20190615-00130057/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事