ホワイトハウスの料理人がマジで強そうwwww

アメリカ合衆国大統領が居住し執務を行うホワイトハウス、そこでは様々なスタッフが働いている。
そんなホワイトハウスで勤務する一人のシェフが、強そうだと話題になっている。

スポンサーリンク

ホワイトハウスのシェフ

ホワイトハウスは、アメリカ大統領が執務を行う場所だ。

ホワイトハウスは、通常、次の2つの意味で使用されている。 * アメリカ合衆国大統領が居住し、執務を行う官邸・公邸の建物。転じて、そこで働くスタッフらを含めた政権の中枢を指す。

そこでは様々なスタッフが業務を行っており、食事を用意する料理人も重要な職の一つだ。
数あるコック職の中でもトップクラスの名誉職なのがホワイトハウスの料理人だ。

そんなホワイトハウスのコックの中のある人物が、強そうだと話題になっている。

すごい料理人

ホワイトハウスで働くある料理人の姿。
全身鍛え抜かれた筋肉質な姿だ。

彼の名はアンドレ・ラッシュさん。
なんとこの外見とは裏腹に、ケーキのデコレーションが得意なお菓子作りの達人だという。
実は元アメリカ陸軍に在籍しており、階級は曹長で24年間在籍したという。
体液後の現在も、毎日のように激しいトレーニングを重ねているとのこと。

今では一流のシェフでありながら毎日ジムに通い、平日は2,222回の腕立て伏せを欠かしません。これにより「気が紛れる」のだと言います。ラッシュさんはイラク派遣などを経験しており、除隊直後にはPTSDに悩まされていました

大好きな料理そして体を鍛えることで、自分なりの”癒やし”を見つけたのです。自らのPTSDを克服しようと頑張っており、また退役軍人のための支援活動にも積極的に取り組んでいます。

退役軍人のサポートも行っており、人柄のよさも伺える。

ネットの反応は

この強そうな見た目に、コックというまさかのギャップ。
こちらのツイートはTwitterで公開されると共に、大きな話題となっている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事