VRで終末期がん患者が思い出の場所へ

VRは仮想現実(バーチャル・リアリティ)のことだ。
専用のゴーグルを装着することで、360°どこを見渡してもそこには仮想現実が広がっており、まるで本当にそこにいるような錯覚を覚える。
そんなVRを使った、とても素晴らしい使用例がこちらだ。

スポンサーリンク

VR

VRは仮想現実だ。
ただ目の前に映像が広がるのではなく、本当にその場にいるような錯覚を引き起こす。

バーチャル・リアリティとは、現物・実物ではないが機能としての本質は同じであるような環境を、ユーザの五感を含む感覚を刺激することにより理工学的に作り出す技術およびその体系。略語としてVRとも。日本語では「人工現実感」あるいは「仮想現実」と訳される。

VRは様々な場で使用されており、ゲームなどでの使用が最も有名な例だろう。
そんなVRが、医療の場で使用されている。

VRで思い出の場所へ

VRは前述の通り、仮想現実でまるで本当にその場にいるような錯覚を起こす。
それはゲームなどの非現実な場所にいるように使うだけではなく、現実に存在する場所にいるように錯覚させるのも可能だ。


そのVRを使用し、末期患者が思い出の場に行くことも可能となった。
自由にあることもままならない末期患者も、過去に見た、もう一度見たいあの場所へと行くことが可能だ。

ネットで反響

この素晴らしいVRの使用例に、ネットでは大きな反響を呼んでいる。
Twitter民の反応↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事