沖縄でセブンイレブン1号店がオープン!これまで最寄の店舗は国外だった模様…

生活に密着し、食べ物や日用品など24時間提供してくれるコンビニエンスストア。
もはや生活に無くてはならない店だ。
そんな大手コンビニエンスストアでもトップシェアを誇るのがセブンイレブンだが、実は沖縄には無かったようだ。

スポンサーリンク

沖縄にセブンイレブンが

コンビニエンスストアは、食料品から日用品まで様々なものを取り揃えた店だ。
さらに国内ではその多くが24時間営業の店など、日々の暮らしに無くてはならない存在となっている。
そんなコンビニエンスストアの中でもトップの店舗数を誇るのがセブンイレブンだ。

セブン-イレブン は、アメリカのコンビニエンスストア。テキサス州オーククリフで、1927年にオープンした氷販売店がはじまり。 ウィキペディア

国内の至る所に存在し、一度も目にしたことが無い…という人のほうが圧倒的に少数だろう。
しかし、実はセブンイレブンは沖縄県にだけ存在しなかった。

セブンイレブン開店!それまでの最寄は…

現在、まだ沖縄県にはセブンイレブンが存在しない。
7月にオープンする一号店、さらにそこから拡大していくそうだ。

7月11日に出店する「1号店」を含め、那覇市や本島南部エリアを中心に展開する。セブン-イレブン・沖縄(那覇市、久鍋研二社長)は、県内の法人の協力も得ながら年内に本島中部まで出店エリアを拡大する方針だ。

これにより、沖縄県にセブンイレブンが誕生する。
では、これまで沖縄からもしもセブンイレブンを利用するならば、最寄はどこなのか?
なんと国外だという。


驚くことに、これまでの最寄りのセブンイレブンは台北だったそうだ。

台北(タイペイ/たいほく)は、台湾の首都で、日本の植民地時代に整備された車線が通り、賑やかなショッピング街や近代的な建物がある大都市です。竹の形を模した高さ 509 m の超高層ビルである台北 101 には高級ショップが入っており、ほぼ最上階にある展望台には高速エレベーターを使って上ることができます。台北はまた、屋台で食べ物が売られる活気ある風景や、大規模に催される士林(しりん)夜市などの多くの夜市でも知られています。


地図で確認すると、確かに本州よりも最も近いセブンイレブンの店舗は台湾・台北市にあるセブンイレブンだった。

ネットの反応

この驚きの事実に、該当ツイートは大きな反響呼び、多くのリプが寄せられている。
Twitter民の反応↓

開店日がセブンイレブンにかけた、7(セブン)月11(イレブン)日というのもお洒落で注目を集めている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事