松本人志がカラテカ入江・宮迫博之らの闇営業問題に言及

芸能界に激震が走ったカラテカ・入江さんの解雇騒動。
他にも闇営業に参加していたお笑いタレントも判明しており、様々な議論を呼んでいる。
そんな中、ダウンタウン松本人志もこの騒動に持論を語ったようだ。

スポンサーリンク

闇営業騒動

闇営業とは、会社を遠さずに営業をすることだ。
つまり、会社を通じることでの中抜きがなくそのままのギャラがタレントに入る。
フリーならば問題がないが、事務所に所属しているタレントがこのように仕事をすることを闇営業という。
闇営業自体はグレーだが、今回の騒動は営業先に問題があった。
実はこの参加した忘年会は、詐欺グループの忘年会だった。

松本人志のコメント

内容が内容だけに、本日放送のワイドナショーでの松本人志のコメントに注目が集まっていた。
そして、やはり番組内で触れられ、独自の見解を示した。

松本はノーギャラについて「正直言うとないと思いますね。何らかのお金は多分出ていると思う。それがどういうふうに分配されたのか分からないね」と断言した。

Twitter内で宮迫さんはギャラを受け取っていないと表明したが「お金は出ていると思う。」とコメントした。

その上で「宮迫でいうとそのお金どうこうじゃなくて、入江に頼まれてえぇよって顔出したんだろうなって推測できます」とした。「でも、一切お金が出ずにあれだけのパーティーというかサービスするっていうのはないと思う。正直言います」と繰り返していた。

その上で松本は「かばう気ないけど」とした上で入江から「連絡があって、ちょっと顔出してくださいよ」と言われたら「行く可能性は正直ありますね。お金はボクはもらわないやろうけど。非常にこれは難しいところです」と明かしていた。

さらに入江と電話で話した事を明かし「これはお前が悪い。ペナルティとしてしょうがない。おとなしくしとけとしか言えなかった」と伝えたという。他の出席した芸人は厳重注意だが「他のメンバーは皆さんがどう判断するか。これは吉本興業が判断することで松本興業としてどうしようもない」と笑わせていた。

詐欺グループであることを知らなかったとしても、その団体の営業を行い、何かしらの金銭を受け取った可能性は高い。
カラテカ・入江さんは解雇となったが、他の参加者はどうなるのか、今後に注目が集まる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事