オオカミの赤ちゃんの遠吠えが可愛すぎると話題に

赤ちゃんはとても可愛いものだ。
仕草、声、例え違う種族の生き物でも可愛く感じられる。
大人になると獰猛な生き物でも可愛い赤ちゃん…Twitterではある赤ちゃんの動画が話題となっている。

スポンサーリンク

オオカミの赤ちゃん

獰猛な猛獣は?と聞かれて思い浮かべるのはライオンやオオカミだ。
狩りをし、大人になってからは決して人に懐くことは無く、野生の動物の代表ともいえるだろう。

オオカミは、ネコ目イヌ科イヌ属に属する哺乳動物。広義には近縁種も含めることがあるが、通常はタイリクオオカミ一種を指す。多数の亜種が認められている。同属の近縁種としてアメリカアカオオカミ、コヨーテ、アビシニアジャッカルなどがいる。

オオカミは一見イヌと大きな違いはないように見えるが、ヒトと感情を共有する能力がイヌほど無いため、とても人間に懐きにくいそうだ。
大人のオオカミが人間に懐くことはまず無い。
オオカミは肉食で狩りを行う、人間が襲われればひとたまりもないだろう。

そんなオオカミでも、赤ちゃんの頃から育てれば懐くという。
そして、その赤ちゃんの頃の姿がとても可愛いと話題になっている。

オオカミの赤ちゃんの遠吠え

話題となっているこちらのツイート。
赤ちゃんのオオカミが「わおーん!」と遠吠えの練習をしている。


女性に抱っこされているのはオオカミの赤ちゃん。
女性が遠吠えのような声を出すと、それを真似するかのように「わおーん」と遠吠えする。
しかし、まだ幼いせいか大人ほど綺麗な遠吠えを出すことが出来ず、とても可愛らしい。

Twitterでの反応

「いつまででも見ていられる!」この可愛いオオカミの赤ちゃんの姿に多くのコメントが寄せられている。
Twitter民の反応↓

とても可愛いオオカミの赤ちゃんの姿、本当にいつまででも見ていられるようだ…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事