プロが教える「刃物を持った不審者に会った時の対処法」が話題に

多くの死傷者を出してしまった川崎殺傷事件。
突然刃物を持った不審者を目の前にして何も出来ず「格闘技を習うべき」「護身術を学ぶべきだ」と言う声も広まっている。
そんな中、不審者対応のプロが教える、刃物を持った不審者に出会った時の対処法が話題となっている。

スポンサーリンク

危険な不審者に会った時


危険な不審者が現れたとき、どうすればいいだろうか?
様々な声があり、そんなときの対処法のために「体を鍛える」「武術を習う」「護身術を習う」など様々な声が挙がっている。
では、プロに聞いてみるとどうか?

プロが唱える不審者の対処法

Twitterにアップされたある動画が話題となっている。
その内容は、『プロが教える刃物を持った人間へのベストな対処法』といったものだ。

動画の内容は、刃物を持った不審者が現れると、「警察の人助けてー!」と叫びながら逃げる…というものであった。
先日の事件を受け、自らを守るために武術を習うべきという声が多かったSNS上では衝撃が大きく、大きな反響を呼んでいる。

SNSでの声

この動画は現在約5万のリツイート、約10万のいいねがついている。
そんなTwitterでの声をいくつか紹介する。

確かに、護身術を習うことでシチュエーション次第では身を守ることが出来る可能性はある。
しかし、格闘技の世界王者さえ刃物を持った素人と対峙して、無傷で抑えることは難しく、少し判断を誤れば命を落としてしまう。

刃物を持った不審者と対峙したときは、決して戦おうとせず『助けを呼びながら逃げる』ことが大切だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事