【悲報】転売厨さん、Vジャンプを400冊も買い占めてしまう

価値は人それぞれで、自分の興味のないものはタダでもいらないが、欲しいものならなんとしてでも手に入れたいのが心理だろう。
それを利用し利益を得ているのが転売だ。
欲しい人が集まりそうなものを大量に購入して買占め、市場から無くなるほどに買いつくし、それをメルカリなどで相場より高い転売している。

スポンサーリンク

転売によって動く市場

物の価値は必要な人が多ければ多いほど高騰する。
ファンの少ないアーティストのチケットは定価で入手できることがほとんどだが、観客に限界がありチケット数も限られている勇名アーティストともなれば、そのチケットをゲットするのは簡単なことではない。

そこで、その商品を抽選や並びによって入手し、「絶対に欲しい!」という人に高額で売却するのが転売だ。

転売はアーティストだけではなく、限定商品やホビー、あらゆるジャンルで行われている。

転売は何が問題?

商品を購入し、他の欲しい人に高額で譲ると言うのは問題がないように思える。
しかし、転売ヤーたちに大量に買い占められることにより、本当に欲しいファンの手に渡りにくいという問題も生まれる。
高額になったチケットを購入するのが難しく買い手がつかず、転売ヤーも売りさばけず、行きたい人はたくさんいるのに、チケットが手に入らず多くの人が行けない…ということも多々問題となっている。

近年ではそんな転売を防止するために様々な対策も行われているほど!

Vジャンプを400冊も買い占めた転売ヤー

そしてここにも転売を行うものがいた。
そのターゲットは毎月発売している『Vジャンプ』。
今月発売されたVジャンプに付属している遊戯王カード、これはとても強いカードで必須となるものだ。
そのため、欲しい人が続出している。
価格も高騰し、Vジャンプ本体の価格が600円なのに対し、なんとカード自体は1500円近い値段で売買されている。

つまり、買えば買うだけ得なのだ。

そして、ここにもそんなVジャンプを大量に買い占める転売ヤーがいた。

Vジャンプ買占めの転売厨にプチ炎上

カードが欲しい子供たちが雑誌を購入することが出来ず、市場価格がさらに高騰することとなった大量買占め。
このツイートに対し、転売ヤーに対しての批判・転売ヤー側の意見などが交わる口論となりプチ炎上しているので紹介する↓

様々な批判、転売ヤー側としての意見が飛び交っている。
転売は一つのビジネスモデルと確立しているためなくなることは無いだろう。
だが、可能ならば本当に欲しい人が良心的な値段で手に入れる環境が生まれて欲しいものだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事