川崎・登戸殺傷事件の犯人の本名・顔写真は?犠牲者も判明

28日午前7時45分ごろ、川崎市の多摩区登戸(のぼりと)新町の路上で発生した殺傷事件。
とても痛ましいこの事件を起こした犯人の顔や名前、そして犠牲者は?

スポンサーリンク

川崎で起こった殺傷事件


2019年5月28日、川崎市にてスクールバスを待っていた市内のカリタス小学校の児童が襲われた。

28日午前7時45分ごろ、川崎市多摩区登戸(のぼりと)新町の路上でスクールバスを待っていた小学生らに男が近づき、刃物で次々と刺した。小学生16人と近くにいた成人2人の計18人が襲われ、小学6年生の女児と別の小学生の保護者とみられる30代男性の計2人が死亡。40代女性1人、小学生女児2人の計3人が重傷を負った。110番で駆けつけた神奈川県警の警察官が、刺したとみられる男を確保。男は自分の首を刺しており、搬送先の病院で死亡が確認された。現場の状況から通り魔事件の可能性があり、県警は殺人の疑いで捜査している。

犯人の年齢・名前・顔写真は?犯行後の現在

この事件を引き起こした犯人の情報で判明している点を紹介する。

・男
・川崎市麻生区に住む51歳
・スキンヘッド
・体格がいい
・黒の長袖にジーパン
・職業は不明
・子供の頃から短気な性格
・名前は岩崎隆一


※岩崎隆一容疑者の自宅

以上の点が判明している。
顔写真やその犯行動機は現在まだ判明していない。
その犯人の犯行後、自らの首を切りつけ死亡が確認されたようだ。


※事件現場の場所

犯人の名前は「岩崎隆一」と判明しているが、TVでは未だ報道されていない。

犯行動機についてはまだ判明していないが、騒音トラブルでは?との声もある。

犠牲者・被害者は?

ニュース記事を引用。

小学生16人と近くにいた成人2人の計18人が襲われ、小学6年生の女児と別の小学生の保護者とみられる30代男性の計2人が死亡。40代女性1人、小学生女児2人の計3人が重傷を負った。

とあり、残念ながら2人の死亡が確認された。

児童を逃がそうと犠牲になった男性を除き、狙われた児童は全て女児であったことが判明している。

死亡が確認された男性の身元は判明しており、NHKニュースの報道によると『39歳の外務省職員の小山智史(おやま・さとし)さん』であると判明した。


※小山智史・外務事務官の紹介ページ

小山智史さんは、カリタス小学校に子供が通っていたという。
小山さんの子供に怪我は無かった。

ネットの反応

衝撃的なこの事件、ネットでも多くの反応が見られた。
Twitterの反応↓

日本だけではなくアメリカ・韓国をはじめ世界各国でも報道されている。
令和へと元号が変わって1ヶ月、痛ましい事件が起こってしまった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事